作成者別アーカイブ: yu6513

BO業者(Yバイナリー)

ワイバイナリー(yバイナー,ybinary)

ワイバイナリーの口コミ・評価については、私自信が取引をしてみての評価や感想を中心に書いていますので、『ワイバイナリーってどうなんだろう?どんなサイト?』等とワイバイナリーを検討されてる方、是非御一読下さい。
取引画面の見やすさや使い易さ、取引銘柄数の多さ等、他社をより優れてる点がいくつかありますので、価としてはお勧めできます。

ワイバイナリーはまだ歴史の浅いバイナリーオプションサイトの為、インターネット等での口コミ等の情報が多くありませんがオススメする理由をこれから上げていきたいと思います。

特筆しておかなければならないのはペイアウト5倍のマックストレード。5倍です!

投資意欲が駆り立てられます。バイナリーオプションするなら稼げるサイト選びをですね!

ワイバイナリーでリッチなキャッシュを手にしましょう!もう1.7倍、2.0倍のトレードには戻れません。

NYダウ指数・金・株式といった、為替以外のオプション取引も100種類以上取り扱っていますので24時間退屈することなく稼ぐことができます。

取引画面上にローソク足などのテクニカルチャート類の表示も可能になっており、利益を追求する上では完璧な仕様でしょう。

この辺りのシステムの仕様は他のバイナリーオプションサイトをはるかに圧倒しています。

電話・チャット・メールと完全日本語サポート対応です。

ハイローさんなどと違い、日本人が親切に電話で教えてくれたり、サポートもしてるので私もオススメしています。

また、ワイバイナリーを攻略しよう(稼ごう)と思ったら初心者の方でも、経験者の方でもローソク足についての知識は欠かせません。

海外バイナリーオプションサイトのほとんどのデフォルト画面がラインチャートになってますが、ラインチャートでの攻略は不可能だと私は考えています。

バイナリーオプションの特徴

バイナリーオプションの特徴

1.仕組み、取引方法が簡単でわかりやすい

バイナリーオプションの最大の特徴は、とにかくその「わかりやすさ」です。
「バイナリーオプションとは」のページで例に出した通り、最も簡単な取引は
「円高」になるか「円安」になるかを二択で選ぶだけです。

株をはじめとして世の中には数多くの「投資」と呼ばれる資金運用方法がありますが、
そのどれもが初心者にはわかりづらく、難しいものです。

これに対して、仕組みや取引方法がシンプルでわかりやすいバイナリーオプションは、
初心者が初めてやってみる投資の選択肢として最適です。

2.掛け金以上の損失が出ない=リスクが小さい

初心者がいきなりリスクの大きい投資に手を出すのは非常に危険なことです。
例えばFXは、最悪の場合では掛け金を超える損失が出る可能性があります。

100万円を用意して取引を始めたけれど、120万円損をしてしまった。
つまり、手持ち資金が無くなった上にさらにマイナス20万円になる、
ということがあり得てしまうのです。

これに対してバイナリーオプションは、相場が円高になるか円安になるかを予想し、
一定の掛け金を払います。予想が当たれば掛け金が増えて戻ってきます。
予想が外れた場合は掛け金が無くなります。

つまり、掛け金以上に損失が出ることはあり得ません。
想定外のマイナスが絶対に出ないので、リスクが小さくコントロールしやすいと言えます。

投資初心者にありがちな「ルールがわからないまま投資をして、気が付いたら
資金がマイナスになっていた」ということが無いので、安心して取引ができます。

3.少ない金額で手軽に始められる

バイナリーオプションは、最低50円からでも投資することができます。
また、10分で結果が出る業者もあるなど、短い時間で手軽にスタートすることができます。

慣れるまでは少ない金額で、慣れてきたら少し金額を増やして、
といった調節がしやすいところも、バイナリーオプションの特徴です。

バイナリーオプションとFXの違い

FXとはひと味違った魅力を持つのがバイナリーオプション(BO)だ。バイナリー(binary)とは0か1かという二進法を意味する言葉であります。

FXでは相場の変動にしたがって、利益がグングン拡大したり、損失がドンドン広がることがあるが、バイナリーオプションの場合は、自分の予想が当たると一定金額の払戻しがあり、自分の予想がはずれると一定金額の損失となる。利益と損失が一定額で固定されているのが特徴です。

バイナリーオプションは0か1かとデジタル的で、中間がないイメージ。だから、バイナリーオプションはデジタルオプションとも呼ばれます。
バイナリーオプションの場合、どんなに相場が動いても損失額は購入金額に限定されるから、普通のFXトレードでは損切りが苦手な人でも、資金管理がしやすいだあるといえます。サクッと結果が出て、“塩漬けポジション”が存在しないのが、バイナリーオプションのいいところですね。

新規制が施行され、バイナリーオプションはどうなった?

シンプルなしくみゆえに、日本でもグングン人気が上昇していたバイナリーオプションだったが、過度に投機的にならないように…という趣旨で、2013年夏に業界の自主規制と公的規制が制定された。これらにしたがって、2013年秋ごろまでに、主要なバイナリーオプション取扱い会社は新規制への対応を完了している。

新規制のポイントはざっと以下のとおりです。

(1)取引時間は2時間以上とする。ただし、取引は判定時刻の2分前など直前までOK。

(2)原則として権利行使価格(目標レート)は取引開始時点で決定する。これは複数設定されているのが通例。

(3)ペイアウト額(払戻し額)は一定に固定。バイナリーオプションの価格の方を変動させるようにする。

(4)ポジションの解消(転売)ができるようにする。

(5)取扱い会社の総取り(俗に言う「レンジ外」)は禁止。

以前は「今のレートよりも10分後のレートが上か下かを予想する」といった単純明快なバイナリーオプションが取扱い可能だったが、新規制により、このような単純明快さは失われた。

しかし、それにより、もっと多彩なトレード戦略が可能になったとも言えるし、複雑な取引内容をシンプルに見やすくするよう、取引画面に工夫を凝らしている会社もある。

また、満期時に選択した一定の範囲内に価格が収まると的中となるレンジオプションなど、新規制のもとで、新しいバイナリーオプションも出てきている。