カテゴリー別アーカイブ: 知っておきたい

世界の市場

・オセアニア市場

世界の為替市場の中で、1日のうち最も早くオープンするのが南太平洋エリアのオセアニア市場です。ニュージーランドのウェリントン市場が午前5時頃にオープンし、その約2時間後にオーストラリアのシドニー市場がオープンします。

 

市場参加者が少ないため、流動性に乏しいのがオセアニア時間の特徴です。先週末の終値から大きくかけ離れたレートでスタートすることを「窓を開ける」と言い、月曜朝の為替相場でしばしば見られる現象として知られています。

 

ちなみに窓を開けて相場がスタートすると、その後為替レートは先週末の終値に向かって進みやすい(窓を閉める)傾向があり、あえて窓を狙ってトレードするテクニックもあります。ただし、窓が必ず閉まるという保証はありません。そのまま先週末の終値と反対方向に相場が動き続ける可能性もあるので過信は禁物です。

 

・アジア市場

オセアニア市場の次にオープンするのがアジア市場です。午前9時頃に日本の東京市場がオープンし、その約1時間後に中国の香港市場とシンガポール市場がオープン。さらに15時頃に中東のバーレーン市場もオープンします。

 

アジア時間は比較的値動きが穏やかですが、経済指標イベントがあるときには、凄まじい勢いで相場が動くことも珍しくありません。特に最近では中国の景気の動向に世界中の投資家の関心が集まっており、悪い数値が出ると急激に円高に進む可能性があります。

 

為替レートって何?

そもそも為替レートって?

 

異なった2種類の通貨を交換する場合の交換比率のことを『為替レート(外国為替相場)」と言います。

この為替レートは一つではなく、いろいろな場面で異なった数値で示されます。

例えば、海外旅行に出かける前にトラベラーズチェックを発行してもらう時のレートと、現金に交換してもらう場合のレートには違いがあります。

こうした銀行が直接顧客と取引する「対顧客市場」と、銀行間同士で取引が行われる「インターバンク市場」でもレートは異なります。

通常は、このインターバンク市場での交換比率を「為替レート」とよんでいます。

 

需要と供給の関係で動く

 

為替相場は、基本的には2カ国間の力関係によって、強い方の国の通貨が買われて高くなり、弱い国の通貨が売られて安くなります。例えば、米ドルと日本円という2つの異なった通貨を比べた場合、米ドルが欲しいという人がたくさんいるにもかかわらず、日本円の人気が低ければ、需要の多い米ドルの価値が高くなります。

こうしたカラクリは、株式市場や債券市場と同じで、売られるものと買われるものの力関係、つまり、需要と供給のバランスによって値段が高くなったり安くなったりするのです。

 

需給関係に影響を与える要因

 

需要と供給の関係に大きく影響を与えるのわ、景気や金利、国際収支といった経済の基礎的な要因です。

経済の基礎といっても様々な要素があり、この要素を「ファンダメンタルズ」とよんでいます。

つまり、経済の基礎的諸条件である様々なファンダメンタルズ要因によって、為替相場(為替レート)の動向が変わっていくということです。

バイナリーオプションの勝率が2分の1にならない理由

バイナリーオプションは上がるか下がるかを予想するので、
単純計算だと勝率が2分の1になりそうな気がします。

でも、残念ながら勝率が2分の1に収束することはまずあり得ません。

それは、業者側が唯一自然と利益を取れる部分でもある、

 

選択肢に無い価格帯

が存在するからです。
※業者によっては、これが無く3択だったりします。(これについては、また別記事にて)

これにより、上がるか下がるかのどちらにも慨さない場合、結局負けとなってしまいます。
なので、この部分を踏まえると勝率が5割になる事はなく、普通に何も考えずに選択を繰り返していくと、確率の収束により確実に5割以下になってしまいます。

なので、2択式のバイナリーオプションの場合、
この部分を含めて最低5割の成績を維持しないと負けてしまう事になります。

それをする為には、やはりチャートを読み解く力やテクニカル分析がある程度はできないと、なかなか簡単に勝てないという事になります。

バイナリーオプションで勝率を上げる為の方法を、今後色々とご紹介していきますので、参考にしてみてください。

バイナリーオプション 収支

バイナリーオプションでの収支を上げるには?

やはりコツというか・・・意識しておくべき点があります。

何点か思いつくことを書いておきたいと思います。

現在、国内のバイナリーオプションではペイアウト倍率が1.8~1.9倍がほとんどです。

ということは普通にやっていると勝率が60%以上ないと勝てないという事です。

実際にはもう少し少なくても勝てますが、ギリギリでは全然利益にならないので、最低限このラインは欲しい所です。

ここから考えられる手は以下の通りになるかと思います。

勝率60%以上の手法でエントリーする
自分の成績傾向を分析し、連勝時を狙って利益を最大化する
権利放棄を駆使して少しでも負け額を減らす

3番目はそれだけでは勝てないかと思いますが、
確実にやっておくべき部分ではありますよね。

理想は1番目と2番目を両立させられたら最高です。

連勝を狙うときには、
前回払いだされた金額全額で購入するか、もしくは利益分のみを上乗せして購入するか
などをすると良いかと思います。

私も時と場合によって変えますが、
どちらかをすることが多いですね!

1番目と2番目を実現するには、
一つとしてこういった場面でのエントリーが
望ましいのではないかと思います。

こういった場面だと勝率も高くなりやすく
連勝もしやすいので利益が最大化しやすくなるかと思います!

【まとめ】
バイナリーオプションで収支をあげるには、より確率の高いエントリーに絞りつ、自分の傾向を分析し連勝しそうなタイミングで利益を最大化するということが重要です。

バイナリーオプションの特徴

バイナリーオプションの特徴

1.仕組み、取引方法が簡単でわかりやすい

バイナリーオプションの最大の特徴は、とにかくその「わかりやすさ」です。
「バイナリーオプションとは」のページで例に出した通り、最も簡単な取引は
「円高」になるか「円安」になるかを二択で選ぶだけです。

株をはじめとして世の中には数多くの「投資」と呼ばれる資金運用方法がありますが、
そのどれもが初心者にはわかりづらく、難しいものです。

これに対して、仕組みや取引方法がシンプルでわかりやすいバイナリーオプションは、
初心者が初めてやってみる投資の選択肢として最適です。

2.掛け金以上の損失が出ない=リスクが小さい

初心者がいきなりリスクの大きい投資に手を出すのは非常に危険なことです。
例えばFXは、最悪の場合では掛け金を超える損失が出る可能性があります。

100万円を用意して取引を始めたけれど、120万円損をしてしまった。
つまり、手持ち資金が無くなった上にさらにマイナス20万円になる、
ということがあり得てしまうのです。

これに対してバイナリーオプションは、相場が円高になるか円安になるかを予想し、
一定の掛け金を払います。予想が当たれば掛け金が増えて戻ってきます。
予想が外れた場合は掛け金が無くなります。

つまり、掛け金以上に損失が出ることはあり得ません。
想定外のマイナスが絶対に出ないので、リスクが小さくコントロールしやすいと言えます。

投資初心者にありがちな「ルールがわからないまま投資をして、気が付いたら
資金がマイナスになっていた」ということが無いので、安心して取引ができます。

3.少ない金額で手軽に始められる

バイナリーオプションは、最低50円からでも投資することができます。
また、10分で結果が出る業者もあるなど、短い時間で手軽にスタートすることができます。

慣れるまでは少ない金額で、慣れてきたら少し金額を増やして、
といった調節がしやすいところも、バイナリーオプションの特徴です。

バイナリーオプションとFXの違い

FXとはひと味違った魅力を持つのがバイナリーオプション(BO)だ。バイナリー(binary)とは0か1かという二進法を意味する言葉であります。

FXでは相場の変動にしたがって、利益がグングン拡大したり、損失がドンドン広がることがあるが、バイナリーオプションの場合は、自分の予想が当たると一定金額の払戻しがあり、自分の予想がはずれると一定金額の損失となる。利益と損失が一定額で固定されているのが特徴です。

バイナリーオプションは0か1かとデジタル的で、中間がないイメージ。だから、バイナリーオプションはデジタルオプションとも呼ばれます。
バイナリーオプションの場合、どんなに相場が動いても損失額は購入金額に限定されるから、普通のFXトレードでは損切りが苦手な人でも、資金管理がしやすいだあるといえます。サクッと結果が出て、“塩漬けポジション”が存在しないのが、バイナリーオプションのいいところですね。

新規制が施行され、バイナリーオプションはどうなった?

シンプルなしくみゆえに、日本でもグングン人気が上昇していたバイナリーオプションだったが、過度に投機的にならないように…という趣旨で、2013年夏に業界の自主規制と公的規制が制定された。これらにしたがって、2013年秋ごろまでに、主要なバイナリーオプション取扱い会社は新規制への対応を完了している。

新規制のポイントはざっと以下のとおりです。

(1)取引時間は2時間以上とする。ただし、取引は判定時刻の2分前など直前までOK。

(2)原則として権利行使価格(目標レート)は取引開始時点で決定する。これは複数設定されているのが通例。

(3)ペイアウト額(払戻し額)は一定に固定。バイナリーオプションの価格の方を変動させるようにする。

(4)ポジションの解消(転売)ができるようにする。

(5)取扱い会社の総取り(俗に言う「レンジ外」)は禁止。

以前は「今のレートよりも10分後のレートが上か下かを予想する」といった単純明快なバイナリーオプションが取扱い可能だったが、新規制により、このような単純明快さは失われた。

しかし、それにより、もっと多彩なトレード戦略が可能になったとも言えるし、複雑な取引内容をシンプルに見やすくするよう、取引画面に工夫を凝らしている会社もある。

また、満期時に選択した一定の範囲内に価格が収まると的中となるレンジオプションなど、新規制のもとで、新しいバイナリーオプションも出てきている。